女の子の入学式用のスーツを買うときの注意点



小学校の入学式は、小学生になって初めての行事です。子供自身も緊張しているからこそ、素敵なスーツで送り出してあげたいですよね。ここでは、女の子の入学式用のスーツを買うときの注意点を4つご紹介します。これからスーツを購入するという方は、ぜひ参考にしてくださいね。



サイズを確認する

入学式用のスーツを購入するにあたって一番大切なのは、サイズの確認です。子供はすぐに大きくなってサイズアウトしてしまうため、普段はやや大きめのサイズを選ぶというお父さん、お母さんは多いことと思います。しかし、ぶかぶかのスーツは非常にだらしなく見えてしまいます。新生活の始まりとなる入学式だからこそ、ビシッと決められるようにジャストサイズのスーツを選んであげましょう。

そして、ジャストサイズのスーツを選ぶためにはスーツの購入時期も重要です。気に入ったデザインのスーツが売り切れないようにと秋頃にスーツを購入する方もいますが、5〜7歳の子供は一年間で5僂曚豹板垢伸びます。もちろんこれには個人差があり、子供によってはそれ以上のスピードで大きくなることも。そのため、あまり早くスーツを購入するのはおすすめしません。

スーツの購入に最も適した時期は、年末年始です。入学式の3カ月前であれば、サイズが大きく変わることはありません。また売り切れのスーツも少ないため、たくさんのデザインのスーツの中からお気に入りの一着を選ぶことができますよ。



トレンドに合わせる

お下がりをもらえる相手がいる場合、入学式用のスーツもお下がりで済ませたいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、入学式用のスーツにもトレンドがあります。数年前のスーツだと、今のトレンドと違って浮いてしまう可能性があるので要注意です。

例えばAKB48が一世を風靡していた頃は、入学式用のスーツも胸にワッペン×チェックスカートのデザインが人気でした。しかし現在は無地の組み合わせが主流となっており、カラーも黒×白、黒×グレー、オフホワイト×ピンクなど、シンプルなものが人気です。

トレンドは毎年変化するものです。お友達の中で悪目立ちしないようにするためにも、その年のトレンドは必ずチェックしておくようにしましょう。



派手なデザインは避ける

卒園式や卒業式では落ち着きのあるスーツを着るのが一般的ですが、新生活の幕開けとなる入学式は華やかな雰囲気が好まれます。白やパステルカラーのスーツや可愛らしいアクセサリーで、春らしいイメージに仕上げましょう。

とはいえ、大事な学校行事だからこそ派手すぎる格好はNGです。例えば、ショッキングピンクのワンピースやお姫様のようなドレス、豪華なアクセサリーなどは入学式には適しません。非常識であるだけではなく、今後のお友達関係に影響する可能性もあるので十分に気を付ける必要があるといえるでしょう。

個性を出すことが悪いわけではありません。常識の範囲内で着こなしを工夫して、お子さまらしさをアピールさせてあげてください。



全身のコーディネートを考える

入学式の準備をするうえで購入するべきものは、スーツだけではありません。スーツと合わせて靴や靴下、アクセサリーなども用意する必要があります。スーツを購入するときには、小物も合わせたトータルコーディネートを前もって考えておくようにしましょう。そうすることで、直前になって合う小物が見つからずに焦ることがなくなります。

また、女の子はヘアスタイル1つでイメージががらっと変わります。入学式のスーツを購入したら、それに合うヘアスタイルもファッション誌やネットなどでチェックしておきましょう。ハーフアップにしたりコテで巻いたりするだけでも、一気に華やかな印象になります。普段お子さまのヘアアレンジをしないという人は、念のため練習をしておくといいかもしれませんね。



女の子の入学式用のスーツならエルアンノワール

小学校の入学式は、人生でたった一度の大イベントです。だからこそ、お子さまの笑顔がキラキラと輝くような素敵なスーツを着せて送り出してあげてください。そうすれば、堂々と小学校生活の第一歩を踏み出せるはずです。

エルアンノワールでは、特別な一日に最適なクオリティの高い子供服をご用意しています。幅広いデザインを取り揃えておりますので、お子さまにぴったりの一着がきっと見つかるはずですよ。




格子柄ワンピースアンサンブル


格子柄オーガンジーアンサンブル